About

theatrical company kyouei-mizugi

2003年10月、早稲田大学在学中の上野友之により、ユニットとして旗揚げ。

活動初期より、「劇団競泳水着式トレンディードラマ」と銘打ち、
幾多の映画や漫画から影響を受けた上野による、
物語性の高い、映像的な構成のドラマやミステリーを数多く上演。

2015年7月には上野が大阪に滞在し、「大阪部」という企画名にて新作「惑ひ」を上演。
今後も定期的に滞在制作を予定している。

恋愛群像劇を中心に、作風の幅を広げながら、現代の人間関係を様々な角度から描く物語を創り続けている。

劇団名について

劇団名の由来は、「競泳用の水着のように、シンプルさと機能美を兼ね備えた作品を」。

というのは後付けで、
上野が大学の体育の授業の為に、泳げないのに競泳水着を買う、という体験をしたことから、
その場の思いつきで命名。
いまだに後悔している。
(8年後に泳げるようにもなりました。)

尚、劇団名と作品の内容は一切関係ない。
唯一の劇団ルールは、「劇中で競泳水着を着ないこと」。

Member

上野 友之

劇団競泳水着主宰。

1982年、札幌市出身。B型一人っ子。169cm。56kgくらい。

2003年、演劇未経験にも関わらず、「いつかテレビの脚本を書く為の練習」、程度のつもりで劇団競泳水着を旗揚げ。
旗揚げ初日の幕が開いたことに感動し大泣き、
以降十年に渡り、全作品の脚本・演出を担当。

演劇的教養ゼロの状態から、試行錯誤の結果、独自に身につけた、
映像的な構成と、俳優個人の魅力をひき出す演出が特徴。

2010年には個人ユニットTOKYO PLAYERS COLLECTION(通称:トープレ)も立ち上げる。
脚本家・演出家として劇団の内外を問わず活動中。

顔と性格が安定せず、
したことがないことや、行ったことがない場所が多い。
ウディ・アレンが好き。

Go Top